成功のためのパターン

《どのパターンでも共通して注意すること》

  • 発表するときは、なるべく文字を見せたり、絵や写真などを示したりする。
  • はじめにアイスブレイクやゲームを取り入れると、話しやすくなる。
  • リアクションは「はっきり」「明るく」「分かりやすく」伝える。相手が発表したら、「ありがとうございました」の一言を。

《オンライン交流初級編 〜まずはここから始めよう〜》

・人数:日本校30名程度、海外校30名程度

・参加方法:1つの教室から1台のPCで参加

・使用言語:日本語

・時間:45分〜60分

・内容:①学校紹介、自己紹介(グループごと)を各校から行う(20〜30分)

    ②学校紹介や自己紹介からクイズを出題する(10分〜15分)

    ③質疑応答を交互に行う(10分)

    ④代表生徒から感想・ふりかえりを発表する(5分)

ポイント①

学校紹介や自己紹介は視覚的な情報を駆使する(例:PPTを作成、紙に名前や絵を描く、など)

ポイント②

質疑応答の質問は事前にお互いに考えておき、共有しておく。

ポイント③

クイズの代わりに歌やパフォーマンスを披露することも可能。

コピーは禁止されています。
Scroll to Top